結婚式場選びのポイント【思い入れの分だけ感動ひしめく】

婚姻を成立するための式

新郎新婦

注目される秘密

結婚式のスタイルには、ご祝儀袋にお祝い金を包み自宅や結婚式当日に渡すご祝儀制と、結婚式場の受付で一定の金額を払う会費制の2種類があります。北海道では会費制が主流となっていますが、現在では全国各地でご祝儀制に引けを取らないほどの会費制による結婚式が人気を集めています。その理由としては、新郎新婦にとってゲストを悩ませることになるご祝儀に、いくら用意したら良いかという不安などを立ち払うことです。包む額というのはある程度の金額相場がありますが、それでも親族や友人、職場関係の方によって1万円から場合によっては10万円程度という大きな幅があります。いくら包むのがベストとは言えないご祝儀制の悩みを解決できる会費制は、1万円から1万五千円が相場で参加者全員が同じ金額なため、現在注目を集めているのです。他にも、会費制にすることで新郎新婦にとっては結婚式にかかる費用を安く抑えられる利点があるため、式を挙げた多くの方が喜ばれています。一生に一度の結婚式には費用も高額になりますが、あらかじめ会費制にしておくことでかかる費用が前もって計画を練られるため、食事の内容や演出の内容を金額に応じて決められるのが安心材料です。会費制での結婚式では、堅苦しいスタイルを必要とせず自由な発想を盛り込んで、カジュアルな雰囲気で執り行えるのが評価を得ています。場合によっては食事や飲み物を自前で持ち込むことや、人前式の演出、ナイト結婚式など多くの発想を取り入れられることが好評です。近年話題の海外挙式やリゾート婚でも、このメリットの多さから会費制の結婚式を執り行うカップルが年々上昇傾向にあります。

Copyright© 2018 結婚式場選びのポイント【思い入れの分だけ感動ひしめく】 All Rights Reserved.